TV番組収録話2


この絵を持って、どのようなお通じか?
 医療の世界は、恥ずかしいなんてものはなく、番組に取り組む方々は、とても真剣でした。私も必死でありました。プロデューサー、アシスタント、カメラの方々と、必死。
 
 


カメラ収録中に、東北へも行っており、東北でも、お通じ情報、食事メニューなどの写真で送ったり、収録用カメラも持参していたのでした。東北の駅周辺もカメラ撮り。
 
 


名医の方と、お電話で診察をする機会が与えられました。普通診察予約しても、実際に診察していただけるのは3ヶ月くらいかかったりするそうです。TV番組の為には、全てが速いスピードで、あっと言う間に、名医の方との診察がセットアップされていました。有り難いことでした。(写真は、名医の方とのやりとりではありません)
 
 


4月1日に名医の方に、私のレントゲンの結果、問診票を見ていただき、お電話でアドバイスを受けました。なんと、私の体質は、月面宇宙飛行士も同じだとか。何日もお通じがでなくでも、平気、たまらない?
 なので震災が起こっても、便利な体質と。また、けいれん性便秘の方は、実際の年齢より、20載位若く見える人が多いそうです。
 
 


そして、私の便秘解消とは、まずリラックスすること、お通じがでなくでも心配しないこと、そうしていれば自然に行きたくなるとのことでした。

TV番組収録話


TV番組にでるかどうか、レントゲン撮影の結果、確かにその日大量のお通じがでたせいか?腸はとてもきれいとなり、あ、私は関係なくなったかな?と思ったのですが…
 
 
 


私は特殊な便秘、けいれん性便秘という体質だということがわかりました。
 


今回初めてTV番組の収録が始まりました。私のうちにはカメラが4台設置されることに。
 
 


この写真は最後の収録写真です。初めての収録では、ザ・ビジョンのTシャツを着たり、ピアノで大きな愛を賛美したり、こころごすぺるのコンサートチラシ、柏のコンサートチラシなどをお渡ししたり、伝道のチャンスもいろいろしておりました。しかし、みんなスルー。感謝です。

TV番組のなりそめ


ある日突然、あるリサーチ会社から1本の電話がありました。柏ゴスペルクラブで50代〜70代の人で便秘にお困りの方は、いませんか?と。
 
 


それは桜の花が咲く頃のことでした。ある有名なTV番組の検証コーナーに出演する依頼だったのです。
 
 


私は、近所のあるバイト募集に目をつけてまして、神様にバイトのことを祈っていた矢先に、TV番組からの依頼がちょうどタイミングよく来たのでした。
 
 


テモテさんは、リサーチ会社からの電話対応で、自分の奥さんは便秘症であることを話し、そして本人である私は、直接電話でお話をしていくうちに、まずはレントゲン撮影をすることになりました。
 
 


朝7時頃、ある指定された病院でレントゲン撮影。しかしこの日の朝、出かける直前で、大量のお通じがでて、これでは便秘のレントゲン撮影の意味がないことにならないか?と。なんとレントゲン撮影前日に、私はある無料体験の筋トレに行き、その効果で、急に腸の状態に変化が起こったと感じております。

1分動画


今日は、主の主任牧会の映像を観ました。礼拝メッセージで語られた「主がお入り用なのです。」のみ言葉と、主の主任牧会との繋がりを感じています。

オンライン配信


今日のオンライン配信をみてた方から、突然お電話があり、癒しなど祈りのリクエストを、お祈りさせていただきました。カソリックの方で、今日の礼拝に参加され、感謝します。